気になる仮審査と本審査の基準の違い

バンクイックの本審査は仮審査の最終確認?

最近のキャッシングやカードローンは、インターネットや携帯電話で申し込み、まず契約の有無が決定されるというところが多いようです。

バンクイックでも、まずネットから申込みその情報をもとに仮審査が行われます。ここをクリアすると融資の有無と、融資限度額が決定し、申込者に報告されます。
その後、必要書類の提出を経て、本審査に入り問題がなければ、融資やカードの発行が行われます。

さて、この仮審査と本審査。どんな審査項目の違いがあるのでしょうか?また、仮審査に通って、本審査に落ちてしまうことはあるのでしょうか?とても気になりますよ。
結論から言うと、審査に関してはどこでもトップシークレットでしょうから、100%の自信で申し上げることはできません。どーん。

もっとも常識的に言うと、仮審査の申込時に知り得た情報で合格を出した以上、必要書類の提出及び本審査は、あくまで最終確認のためだと推測されます。

つまり、仮審査の申込時に記入されていた勤務先が、必要書類の提出や在籍確認によって本審査時に確認できなかった場合、すなわち虚偽の申込みだと判断された場合は、当然審査の結果を変更されてしまう可能性が大きくなります。

もちろん、それ以外にも本審査時に申込みの不備が発見されたり、という事情が出てくる場合もあるでしょう。

いずれにしても、何らかの手違いがない限り、仮審査と本審査で審査基準が違うことは考えにくいと思います。例えば、年収200万円の人が仮審査を通過したにも関わらず、年収額を理由に本審査で落とされることはないってことですね。

もっとも、仮審査や本審査の審査状況や当落の理由が知らされることはないはずですから、ほんとのところはやっぱり「トップシークレット」まんですけどね。どーん